1. トップページ
  2. 走っていて脇腹が痛む原因と対策

走っていて脇腹が痛む原因と対策

脇腹痛脇腹が痛くなる理由
ランニング時の腹痛は筋肉の緊張により起こります。

そして原因はいくつかありますので紹介します。

最近、MRIなどの医療機器が発達して、中長距離走で脇腹の痛くなる原因が解明されました。

走ったとき脇腹が痛くなるのは、大腸の上部曲がり角付近に空気がたくさん集まって、膨らんできてゴム風船のようにパンパンになった状態でユサユサとおなかの内側と摩擦を起こすからです。

つまり食事により飲食した後に起こる事が多いのは、同じような理由で胃が消化する為に動いているのに運動を行うからです。

対処方法は、腹痛を起こさない食事の量と運動量を見極める事です。本格的な食事をした後でしたら体も重いでしょうし、量には気を付けましょう。

と言っても逆に空腹時のランニングは控えるべきです。空腹の状態で走ることに慣れていない場合は、低血糖になりがちで体調不良になる場合も。

あとは単純に3キロで痛みがくるということは、腹筋、背筋にしても鍛え方が悪い、もしくは筋トレがまだまだ足りない原因や走り方が悪いなども考えられます。

痛い部分による判断基準<
右上真ん中よりの痛みは胆嚢の充血。
その横側なら大腸のガスの溜まり。
その下(腰に近い位置)も同様。
左上は脾臓の充血。
その下、腰に近い部分もガスの溜まり。
どちらも、押さえることにより、働きが改善して解決します。

対処方法
ペースを落とすことにより、内臓の緊張も取れ改善します。
わき腹を伸ばすように、腕を上げてもいいですね。
単純に言えば、体が内臓がビックリしています。
安心させてあげれば良いわけです。
ビックリしないように、ゆっくりなペースから走り始める。
少し走ってから、歩く、体操などしてもう一度走る。

持久走など長距離ランニングのときは、おなかにガスのたまりにくい食物をとりましょう。

特に、ブロッコリーやカリフラワー、豆類、乳製品、食物繊維が多い果物、芋などの食物繊維が多すぎるものは避けた方がいいです。炭水化物は、ガスはたまりやすいですが、控えめに。
ひごろ乳酸菌飲料など整腸作用のある食物を摂って、腸を整えておくことが大切です。
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!