1. トップページ
  2. 走ることで脂肪燃焼効果が期待できる3つの方法

走ることで脂肪燃焼効果が期待できる3つの方法

ダイエット
やはり痩せるためにジョギングやランニングをしている人は多いのではないでしょうか?

1kgの体脂肪を落とすのには7000カロリーの運動が必要になります。

途方もない数字ですが…

1kmのジョギングで消費するカロリーは「自分の体重と同じ数値」です。

50kgの人だと5km走れば250カロリー消費することになります。

数字から見れば微々たるものですが、カロリー意外にも筋力のアップなど効果は大きいのです。

②走るなら朝でしょ!
平日走るのなら「夜」か「朝」という選択肢になると思いますが、どちらが良いのかというとそれはずばり「朝」です。

その理由は脂肪燃焼効果が高いからです。
食事をするとインスリンが分泌されますが、運動のエネルギー源として糖が分解されやすくなります。

早朝の時間帯は夕食から時間が空いているのでインスリン濃度が低いために夜走るのと比べて脂肪燃焼が始まる時間が前倒しされます
なので同じ時間走るなら朝のほうがベストです。


筋トレと組み合わせる
同じ身長、体重、年齢の人が同じようにランニングしても効果には差がでます。それはそれぞれに基礎代謝量が違うからです。
筋肉質な人は基礎代謝量が高いです。

なので同じ時間、同じように運動してもより多くのカロリーを消費してくれるのです。
つまり筋肉量を増やしたほうが良いということになります

あいにく走るだけでは筋力の発達が弱いので筋トレを組み合わせましょう!

そして順番としては筋トレ→走るの順番がベスト!
筋トレをすると運動の負荷で身体が活性化した状態になり、脂肪燃焼しやすい状態となるからです。


走ることによる4つのメリットを紹介
ダイエット目的で始めるランナーが多いけど、ランニングほど直接効果があるのは少ない。走ると実際にカロリーを消費するけど、それ以上に基礎代謝量が増えて、太りにくい体になる。

基礎代謝量は1日の消費エネルギーの6~7割なので、基礎代謝をよくすることはカロリー消費の面から有効な手段となっている。太らないよう食事の回数を減らしてしまうと、逆に吸収しやすい体になり、太りやすくなってしまうので注意して。

美しくなる
走ることが加齢を遅らせるのは、ランニング雑誌の参加者の写真などを見れば明らか。ランニングクラブなどでは、年齢詐称しなくても疑惑の人が多いほど。
また運動をすると汗の量が増えるので、体の老廃物が溜まることなく抜けていき、体臭が少なくなる。老廃物を排出して美肌になったり、ぐっすり眠れたりと、お肌や身体にいい効果がランニングには多い。

カッコいい
贅肉が落ちてスレンダーになるのは当然として、腹筋と背筋を使うためにウエストも引き締まってTシャツが似合う体になる。
また、痩せると動作も機敏になるので、日常生活の動きからしてカッコよくなる。

おいしい、リフレッシュ
走った後はカロリーを気にせず飲食が楽しめて、さらにはごはんがおいしく感じられる。
体が軽くなるので日常生活でのストレスが軽減されるうえ、ランニングの爽快感がストレス解消につながる。
走ると気分のリフレッシュができ、練習後はシャワーや入浴で全部着替えるので、心身ともに流れを変えることが可能。


仲間とワイワイ
個人スポーツなので1人でもすぐに始められる手軽さがあり、駅伝や練習時には団体競技的な楽しさもある。
練習のゴールを銭湯やシャワー施設にして、終了後は汗を流してさっぱりとし、その後はおいしいものを食べて帰るというツアー的なランを催すのもいいかも。
そんなランニングのイベントを通じて、友だちはもちろん、恋人も作りやすい(かも)。


このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!