1. トップページ
  2. 走るために必要な筋肉は筋トレでは鍛えられない

走るために必要な筋肉は筋トレでは鍛えられない

いわゆる筋トレでは、走る筋肉は育たない
ランニングと並行して、筋トレをしている人をよく見かけます。しかし結論から言うと、純粋に筋力を鍛えるための筋トレは必要ありません。

ランニングに必要な筋力のほとんどは、走ることで自然に身につくからです

大学駅伝の選手が、リハビリなどに使うトレーニングマシンを試してもらうと、一般の男性がラクラクと持ち上げる重さをクリアできません。 そんな彼は箱根駅伝を走り、実業団に入った現役ランナー。しかし、いわゆる筋トレ的なトレーニングは一切行なっていないそうです。

「筋力は、筋肉の太さに比例」します。となると、あの細い足から生まれるエネルギーは、筋力とイコールで結べないでしよう。

そこで、改めて考えたいのは、ランニングに求められる身体能力です。ランニングの動きを分析していくと、一番特徴的なのは、連続して跳ぶという動作。「飛ぶ」ではなく、「跳ぶ」です。跳ぶ力こそが、ランニングに必要な筋力なのです。

ところが、腕立て伏せやスクワットなど、いわゆる「筋トレ」で行われるメニューには、跳ぶ動作はほとんどありません。鍛えられるのは、跳ぶ以前の筋力です。

基礎体力をつける意味では役立ちますが、筋肉の量の増加は重さにもつながります。 ただし、ランニングにもっとも必要な「跳ぶ筋力」「弾き出す筋力」となると、筋力不足の人が多いのも事実です。