1. トップページ
  2. 東京を走って楽しくなるおすすめランニングコース|東京都心部

目次

東京を走って楽しくなるおすすめランニングコース|東京都心部

1.皇居 5km
これぞランナーたちの聖地
気高い精神でルールを守って走ろう
人気度5
走りやすさ5
アップダウン3

半蔵門→桜田門→竹橋→千鳥ヶ淵


夕方や週末に大勢のランナーが集う。
ルールを守ることが大事。無理に走ってはいけない。皇居はうめ、さくら、つつじなど、四季折々の花々も見られ、小動物の宝庫でもある。夜景もきれいで、東京タワー、丸の内、桜田門など、気持ちのよさは格別。コース上には47都道府県の花のパネルが100mごとに、千代田区なども入れて50ヵ所分ある。どのくらい走ったのかも一目瞭然。街灯もあって安全で安心。夜は信号での足止めもない。
皇居内の皇居外苑(砂利の場所)や東御所はランニング禁止区域。立ち入る際は歩いて見よう。周辺の施設も充実していて、半蔵門だけでなく、竹橋(神保町)、大手町(神田)、日比谷などに、銭湯やシャワー施設があって便利だ。

アドバイス
近年ランナーが増え、道幅のわりに混雑している。歩行者や自転車ユーザーに注意して走ろう。基本的には時計の逆周りが安全。半蔵門には銭湯のバン・ドゥーシュや、ランナー施設などがある。


都庁周辺・防衛省・靖国通り 12km
高層ビル街を抜けて東京マラソンコースをたどろう
人気度4
走りやすさ3
アップダウン3

麹町→防衛省→靖国通り→新宿中央公園→東京都庁(往復)


靖国通りを新宿に向かい、東京マラソンのコースを逆走する。新宿中央公園を一周してから東京都庁へ向かうコース。
市ケ谷から防衛省沿いは人通りが少なく、歩道が広いので走りやすい。曙橋付近はアップダウンがある。新宿歌舞伎町手前までは人通りがそれほど多くないのが意外。歌舞伎町界隈はさすがに人が多く、ゆっくり進もう。
大ガードを抜けて都庁へ。新宿の高層ビル街を走るのは、昼も夜もダイナミック。新宿中央公園はジョギングコースがあり、昼間は走りやすい。夜は暗く、人通りも少ないので周回は控えたい。都庁前につくと、スタート点を示す印があるので要チェック。東京マラソンに参加した気持ちで大きく息を吸い、今度はコースをたどって市ケ谷、麹町まで戻ろう。

アドバイス
東京マラソンスタート点の都庁をめざすコース。靖国通りは人がそれほど多くなく走りやすい。新宿地区に入ると、人通りが多いので無理をしないことし麹町にはランナーズステーションがある。


日比谷公園・虎ノ門 9km
サンライズスポットもあるビジネス街の癒しコース
人気度5
走りやすさ4
アップダウン1

日比谷→日比谷公園(周回)→日比谷通り→御成門→神谷町→虎ノ門・金刀比羅宮


日比谷公園は東京マラソンの10kmゴール地点である。ビジネスマンの癒しのスポット。周囲の長さは約1.9kmあり、周回コースとしても最適。すぐとなりが皇居なので足をのばすのもよい。日比谷通りを東京マラソンコースに沿って走り、御成門駅から神谷町駅を周回するようにコースをとる。虎ノ門に着くと、そこには高層ビルと共存するように金刀比羅宮がある。かなりサプライズ。一押しのスポットだ。走って癒されることうけ合いだ。


アドバイス
週末は人通りがほとんどないのが特徴。平日はビジネスマンであふれているので注意を。ランニング施設として、日比谷にアートスポーツ・ランニングオアシス、銀座にアシックスストア東京がある。


芝公園・東京タワー 7km
遠くても真下でも感動するタワー周辺の隠れスポット
人気度4
走りやすさ4
アップダウン3

芝公園→愛宕神社→東京タワー→芝公園(周回)


芝公園の周り約1.9kmのコースがたどれる。コース内には公園以外にも増上寺、東照宮など見所も多い。寄り道して大門に寄るのもよい。周回後は、周辺のスポットの愛宕神社に足を向けたい。江戸時代には愛宕山といい、海が見えた場所でもある。観光スポットとしては、東京タワーの下を通るのがオススメ。都内に住んでいてもほとんど行かない場所ではあるが、改めて見るタワーには感動する。増上寺の前は東京マラソンの往復コースだ。


アドバイス
芝公園内は広いが、周辺の歩道は狭い。
歩行者に注意をしながら走る。芝に区立公衆浴場のふれあいの湯がある。


青山霊園・六本木 8km
繁華街の喧騒と霊園の静かさ両者のコントラストを楽しもう
人気度3
走りやすさ3
アップダウン2

外苑前(表参道)→東京ミッドタウン→六本木ヒルズ→青山霊園→キラー通り


国道246号線を赤坂方面に抜け、六本木のど真ん中へ出る。高層ビルが立ち並ぶこの場所は東京ミッドタウン。六本木通りの繁華街を抜け、六本木ヒルズヘ。
週末は夜でなければ、意外と人は少ない。ヒルズから青山霊園へ向かう。六本木の喧騒が嘘のように静かなたたずまい。青山霊園はさくらの名所でもある。青山霊園に沿ってキラー通りが走る。外苑前から六本木に向かって、隠れた名店が数多く存在。芸能人行きつけの店も多く、見るだけでも楽しい


アドバイス
六本木以外は人も少なく道も広い。コースも平坦で、多くは走りやすい。外苑前に自転車施設のファンライドステーション+ランステ、表参道に銭湯の清水湯がある。


国会議事堂・赤坂 8km
赤坂から永田町をめぐって政治の中心を一周する
人気度3
走りやすさ4
アップダウン5

永田町→赤坂サカス→日枝神社→総理官邸→国会議事堂(2周回)


永田町といえば政治の中心国会議事堂があり、首相官邸や議員会館などもある政治の街。その周辺は山あり谷あり。この永田町脇を国道246号線が走る。国道を渋谷方面に向かう。赤坂はすぐだ。周辺のアップダウンを走って左に進路をとると、TBSテレビの裏に出る。ここから、あの赤坂マラソンのコース横(テレビのコースはTBSの敷地内)を走り抜け、日枝神社へ向かう。日枝神社の心臓破りの階段を登ると頂上が境内。表参道の階段を下ると、国会議事堂の裏に出て、ここをかけ登る。総理官邸を道沿いに、周回するように皇居方面へ。すると手前に国会議事堂正面が見える。そこをスタートに約1.5kmを周回。最後は国立国会図書館を通過してゴール。

アドバイス
赤坂周辺を除いては、国道246号線など道も広く走りやすい。赤坂周辺は道も狭く、人通りも多いので注意。平河町にランナー施設のRUNBASEがある。


湯島・東京大学 7km
受験祈願から天神様から東大までの学問コース
人気度4
走りやすさ4
アップダウン5

小川町→ニコライ堂→湯島聖堂→神田明神→湯島天神→東大(周回)


湯島といえば、学問の神様、商売の神様として有名。湯島聖堂、神田明神、湯島天神など、学生や企業人が多く参拝する。しかしあなどるなかれ。見所も多い分、走り応えもあるコースだ。小川町をスタートした直後から聖橋まで登り、その途中にニコライ堂がある。JR中央線をまたぐ聖橋をこえると右手に湯島聖堂、すぐ裏には神田明神と、次々と名所が並ぶ。
湯島天神に向かうと、すぐ下って登る。さらに湯島から本郷三丁目まで登り、本郷通りに入るとやっと平坦に近くなる。ここからは東大キャンパスを周回する形になる。東大赤門は車の出入りもあり、注意が必要.東大農学部の手前を右折し周回すると下りながら曲がり、下りきると次は登るという変化に富む。

アドバイス
つねにアップダウンがある。道幅は狭いが、週末は人通りが少ない。東大の赤門は車両や自転車の出入りが多いので注意。小川町にランナー施設のセカンドウィンドビルがある。


白山神社・小石川植物園 8km
坂道の多さは都内屈指
寺院も多い文の京をめぐる
人気度3
走りやすさ3
アップダウン5

白山→白山神社→小石川植物園→播磨坂→護国寺→茗荷谷駅


文京区は俗に文の京といわれる。古くから学者や作家などが多く集まり、文化の香がする街だ。目立った繁華街がなく、23区内の中では一番犯罪が少ない。週刊誌で安心して住める街第1位に選ばれたこともある。その街に100をこえる坂道が存在する。都内屈指の多さだ。この坂を駆使したコースである。
同時に、区内には学校や寺院も多く存在する。自然も豊かだ。紫陽花で有名な白山神社、小石川植物園。さくら並木で有名な播磨坂。春日通りを挟むようにして、筑波大付属小やお茶の水女子大などの学校が多くある。護国寺まで折り返すのに約6個の坂を通る。そこを往復してゴールは茗荷谷駅。ちなみに茗荷谷とは、ミョウガが江戸の頃に栽培されていたことからつけられた。

アドバイス
文京区内の土地の形状はアップタウンが多い。このコースも平坦のほうが少ないくらいだ。車の裏道になっている通りが多く、気をつけて走ろう。思った以上にスビードを出す車も見られる。


靖国神社・神保町 6km
3分の2が坂道のメリハリコース
アップダウンで強化しよう
人気度4
走りやすさ4
アップダウン5

神保町→靖国神社→千鳥ヶ淵→九段下の坂道・東京大神宮→日白通り
→東京マラソンコース


神保町から靖国通りを靖国神社まで坂道を登っていく。ここで勢いがつき過ぎると、次からがつらくなるのでペースを守りながら走ろう。神社境内に入り、参拝しよう。その後、皇居方面へ向かう。途中で千鳥ヶ淵付近を通ると、道は平坦になる。そこから靖国通りに戻り、九段下を左に曲がる。すると九段中坂へ出る。自転車(ロードバイク)でもきつい壁のような急坂を登る。仮想トレイルランニング(山岳コースを走ってタイムを競うマラソン)モードで。
次の道を下り、また登るとそこが東京大神宮だ。ここもお参りしよう。そして目白通りに出ると、東京マラソンコースに道なりに進んでゴール。コースの3分の2は、坂のアップダウンなので、じつにメリハリがあるコースだ。

アドバイス
歩道は広いので走りやすい。週末は人が多い時もある。坂道が多いので強化を目的として走るにはもってこいだ。神保町にランナー施設のランナーズステーション神保町がある。


神宮外苑 8km
国立競技場、イチョウ並木、絵画館、スポーツのメッカをめぐろう
人気度5
走りやすさ5
アップダウン2

外苑前→イチョウ並木→絵画館前(二周) →国立競技場→明治神宮野球場


国立競技場や明治神宮野球場がある、まさにスポーツのメッカ。絵画館前にはフットサルコートや野球練習場、ゴルフ練習場もある。日曜日は、無料レンタルサイクルも利用できるし車道が専用のサイルクコースになる.絵画館を中心に1.3kmの周回コースがとれる。マラソンイベントも開催される。これだけスポーツを盛り上げる要素が揃っているのだから、ランナーが多いのも当然。名物のイチョウ並木も見ごたえがあり、絵画館前に向いながら走るのもよいし、往復してもよい。この地域の周辺を走る新宿シティマラソンも人気がある。
多くのランナー向けの施設があり、アドバイスで紹介したほかにも、国立競技場ではランナー向け施設が利用できる。

アドバイス
平坦で走りやすい。ランナーが多い。野球場や他の施設もあり、日によってイベントで多くの人が通るので注意。外苑前にファンライドステーション+ランステ青山、表参道に清水湯がある。


迎賓館・赤坂御所 8km
走り応えのある一周3.3km
皇居と並ぶ人気コースを楽しもう
人気度5
走りやすさ5
アップダウン4

麹町→若葉東公園→迎賓館・赤坂御所→豊川稲荷(2周回)


皇居と並んで都内屈指のランニングコースとして親しまれている。信号もなく走りやすく、以前は企業の運動部選手たちも練習していた場所。アップダウンがきつく、コース1周は3.3kmあり、走り応え十分だ。自分のペースで周回を変えて楽しむこともできる。青山通り側は日差しを遮るものがないので、夏場は帽子など熱中症対策が必要だ。
気分転換で豊川稲荷に立ち寄るとよい。 トイレを利用でき、飲み物も売っている。さくらの名所は豊川稲荷、外堀公園など数多くある.歩道にはつつじも咲いている。これだけのコースでありながら、皇居に比べてランナーは少ない。
青山1丁目などもコース内にはあるが、着替える場合は麹町か外苑前、表参道まで足をのばすほうがオススメ。

アドバイス
若葉東公園までは信号があるが、迎賓館~赤坂御所は信号が少ない。アップダウンはきつく、豊川稲荷手前の歩道は狭いので注意。麹町駅近くにランナーズステーションがある。





このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!