1. トップページ
  2. 「今日も走れなかった!」を解消して走る時間を効率的に確保する方法

「今日も走れなかった!」を解消して走る時間を効率的に確保する方法

市民ランナーの方は、仕事や家庭の時間とは別に、走る時間を確保しなければならないので、時間のやりくりが大変です。

「やる気はあるのに時間かない」
と、練習を続けられず挫折してしまう人も多いと思います。

日常生活でちょっとした工夫をすれば、時間を確保でき、走る練習は続けられるのです。

ポイントは2つあり、
①距離の小銭を稼ぐこと
②人よりひと汗多くこと
です。

その心は「ひとっ風呂浴びる前に、走りに行ってこよう!」どうせ服を脱いでお風呂に入るならラン二ングウエアに着替えて1kmでも2kmでも走ってこよう

どうせ同じように汗を流すなら、走ってもうひと汗かいて流してしても変わらないでしょう、という意味をもっています。

同じ1日でも、全く走らず、「今日の走行距離は0kmです」となるより、ちょっとでも体を動かし、走った距離を積み重ねていく。コツコツと小銭を貯めるように、短い時間のなかで距離を稼ぐ方法もあるのです。

例えば主婦の方では、子供の習い事の送り迎えの時間もあると思います。子どもを自転車で迎えにいき、帰りは子供に自転車を運転してもらいながらゆっくり走ってくる、というのはどうでしょうか。

母親同士がランナー仲間になればもっと楽しい。一人が自転車に乗って伴走し、ゆっくり交代で走れば、無理なく続けられます。

会社勤めであれば、「帰宅ラン」をしている方もいらっしゃるかもしれません。休みの前日や時間に余裕のあるとき、会社から走って帰るのです。

帰宅ランが難しいにしても、会社帰りに一駅手前で降りて、歩いて帰ってくるだけでも「ひと汗多く」かけます。その場合、ジョギングシューズを持って、履き替えて頂けたらより良いでしょう。
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!