1. トップページ
  2. 食事と練習のタイミング

食事と練習のタイミングが筋力アップや回復に重要

食事でごはんを食べた後に寝ると太るという話を1度は聞いたことがあると思いますが、では食後にランニングなど運動をした方が良いのでしょうか?

ご飯を食べた直後は、胃で食べ物を消化するために血液が使われるので、食後すぐに走るのはよくありません。

逆に、食後に横になるほうが、食事の栄養素を吸収させるのに有効なのです。

「食べてすぐ寝たら牛になる」と言いますが、食後は大の字になって寝るのは実はとてもよいのです。

空腹のまま走ると脂肪燃焼に効果的ですが、あまりに空腹ですとパワーが出なくて走れないので、バナナやゼリーなど胃に負担のない食べ物を食べてから走るのがおすすめです。

練習後の食事については、トレーニングの強度によります。

スピード練習やロング走など、筋肉を酷使した後は、それを修復するための補強材料、タンパク質が必要です。

タンパク質は私たちの骨や筋肉を構成する大切な栄養素です。「ハードな練習をしたな」「いつもより疲れたな」というときは、良質のタンパク質を積極的に摂るようにしましょう

豚肉は疲労回復に効果的ですし、鶏の胸肉も高タンパク低脂肪なのでおススメです。鶏の胸肉は羽を動かしている筋肉なので良質なタンパク質が貯えられやすい部立なのです。

もも肉よりも脂肪分が少ないうえにうま味成分もあります。鶏肉を食べるなら、もも肉よりも胸肉を食べましょう。BCAAとはタンパク質を構成しているアミノ酸、バリン、ロイシン、イソロイシンのこと。

体内では作られない持久系アミノ酸でランナーには大切な栄養素です。これらが豊富なまぐろの赤身も、ランナーにオススメです。

大豆等の植物性タンパク質より、動物性タンパク質のほうが吸収がいいので、疲労回復には効果が高いのですが、食事はバランスが大切です。野菜などと一緒に食べるなど、栄養バランスの良い食事を心がけてください。

その際、よく嚙むことが大切です。よく嚙むことで消化吸収がしやすくなり、内臓への負担も軽減します。
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!