1. トップページ
  2. 海外のマラソン体験談

貴重な海外マラソン大会に参加した人の体験談を紹介

ボストンマラソン
ちまたでは、マラソンブームですね。
走って汗を流すことは、本当に気持ちがいいです。

国内でのマラソンもいいですが、海外マラソンも魅力満載!
海外の大会に出場するよさは、大会そのものを堪能できるだけでなく、なんといっても海外のランナーとの交流、周辺の観光、新鮮な異文化体験……など、国内ではなかなか経験できない多くの楽しさがあります。
マラソン大会のついでに、観光も楽しめますよね。

海外で有名な大会といえば、ボストン、ロンドン、ニューヨークシティ、シカゴ、ベルリンが、その代表格。競争率が高く、倍率の高い抽選など、参加するためのハードルが高い大会も多いけれど、ランナーならは一度は走ってみたい大会です。

その中でも私は今回、市民マラソン大会の最高峰ボストンマラソンに参加してきました。
1897年以来の長い歴史と伝統のある大会です。
フルマラソンは何度も完走しているので、楽しんで走ることができました。
スタートから一気に下って、ぐぐっと上り、また下っていくという序盤戦。基本的に4マイルまで下り基調が続きます。下り基調であるはずの区間にも、微妙な起伏が混在していました。調子よく走れたので、アップダウンはさほど気になりませんでした。

それにしても沿道の観客の応援がすごかったです。これのおかげで元気が出ました。
やはり完走は気持ちがいい。

みなさんにもボストンマラソン、おすすめです。
アメリカ・ミネソタ州でのハーフマラソン
海外といった非日常での、マラソンといったこれまた非日常体験をオススメしたい。わたしの体験したのは、アメリカ・ミネソタ州でのハーフマラソンである。ミネソタ州は「ステイトオブサウザンドレイクス」、すなわち1000の湖の州、という別名を持つとても美しい所であった。その湖を繋ぐトレイル、舗装された小道のようなものが州中に張り巡らされている。治安もよいミネソタでは、夜遅くまで、そのトレイルで歩いたり走ったりしている人が見られる。天気のいい休日の昼間は、ベビーカーを押しながら走っている夫婦なども見られ、まさにランナーのための州と言っても過言ではない。そのトレイルではマラソン大会も頻繁に行われ、湖の周りがコース、と言ったような自然に恵まれたマラソンコースで走ることが出来るのである。地元の高校の陸上部では、湖の周りが練習コースとなっており、夏は練習後暑さのあまりそのまま湖に飛び込む姿が見かけられる。私の体験したハーフマラソンも、いくつかの湖を巡るコースであり、何度飛び込みたいと思ったことか。私はそこまで本気のランナーではなく、2時間切りたいくらいの意気込みであったので、周りのランナーと会話しながらのびのびと自然の中で走ることが出来た。英語に自信がなくても、走っている時のアメリカ人などそこまで真面目なことを喋らないので、会話を楽しむことができるのも、海外マラソンのいいところである。



このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!