1. トップページ
  2. 足がつる原因

足がつる(こむら返り)原因と考えられる5つの説とは足がつる原因


まず筋肉が「つる」原因なのですが、実は100%はっきりとしていないらしいのです。

医学が発達した現代においても不思議ですが、足がつる主な説はいくつかありますので紹介します。

代謝説…(遺伝的な)代謝産物の異常

脱水説…水分バランスの異常

電解質説…血漿電解質濃度の異常

環境説…寒冷、温熱の過酷な環境条件

神経説…神経系の反射異常

足がつる足がつる原因は病気が原因の場合もあれば、マグネシウムやビタミンEが不足している場合があります。

その他運動不足や栄養不足にある様です。運動やミネラルといった栄養が不足して筋肉が異常に収縮する事が、足がつる原因とされています。

他に、足がつる原因として、激しい運動後の筋肉の疲労や、嘔吐や下痢による脱水、水分不足、お酒の飲み過ぎなど、栄養面では、マグネシウム・ビタミンEの不足によるものです。

また、正しい対処法を行わないと、肉離れを起こす危険性があります。テーピングなどの対処法を覚えておくと良いでしょう。

足がつる対処法ばかりを、考えるのではなく、足がつる原因を探し、不足している栄養を摂取し、マッサージやストレッチなどで予防しましょう。

足がつる予防として、イオンの電解質が有効で、スポーツドリンクやバナナなどを摂取する事をお勧めします。足がつる原因を追求し、しっかり栄養を摂取し、足がつる事があった場合は、落ち着いて正しい対処法を行うと良いでしょう。

矯正タイツは足がつる原因の追求となる可能性は非常に高いですよ。

冬に多いのは、筋肉の冷えによる血行不良です。
筋肉を収縮させることから、足がつる原因として考えられています。
つる前は、筋肉が硬直していることが多いので、よくつる箇所の筋肉をほぐしておくと防げます。

足がつったときには、朝まで痛みを引きずらないためにも、つった部分の筋肉を伸ばすことをおすすめします。

あくまでもゆっくりやるのがポイントです。
一度足がつるとクセになりやすいそうです。
予防には、ふだんから足が冷えないように注意するとともに、寝る前に軽くマッサージやストレッチを行うことです。

また、ミネラル不足も足がつる原因になるので、その場合は寝る前にホットミルクを飲んでおくと、ミネラル不足による痙攣は避けられます。



こむら返りについて
こむら返りは、腓腹筋というふくらはぎにある筋肉に起こりやすため、こむら返りと呼ばれています。

夜など寝ていていきなりふくらはぎがつる経験がある人もいるかもしれませんが、これが原因です。

こむら返りは、運動神経が何かのきっかけに急激に高ぶるために起こる現象で、ふくらはぎの筋肉や足の指、足の裏の筋肉が異常収縮が起こります。

まず、対処方法としてはこむら返りが起こってしまった時は、軽くマッサージをして下さい。寝ていてのびのびをする時に、かかとを前に出すようにするとこむら返りは少なくなります。

また、適度な運動をされたり、できるだけ足を冷やさない様に保温されることで予防できます。

これらが起こる理由としては2つ考えられます。
①神経や筋肉が刺激を受けやすく状態になっていることです。スポーツなどで多量の汗をかいたときは血液中の電解質(ナトリウムやカリウムなど)のバランスがくずれ、神経や筋肉が興奮しやすくなります。

熱中症のひとつの「熱けいれん」と呼ばれるものは、多量の発汗とともに多量の電解質が失われたにもかかわらず、水だけ飲んで電解質が補給されない時に血液が薄められて起こるものです。

②筋肉や腱のセンサーがうまく作動しない場合で、立ち仕事の後や久しぶりに運動した後、加齢とともに夜に起こりやすくなるこむら返りなどはこの理由が考えられます。

足の筋肉が緊張した状態が長時間持続すると、センサーが常に刺激された状態に置かれやがてセンサーがうまく働かなくなります。

このときにふくらはぎに余分な力がかかるとセンサーが過剰に反応し、異常な収縮が引き起こされこむら返りが起こります。

また寝ている時は足の温度が低下し、センサーの感度が鈍くなることも上げられます。布団の重みや重力のため足先がのびた状態になっているのもこむら返りを起こしやすくします。