1. トップページ
  2. 日本で一番足の速い動物

えっあの動物が!日本で一番足の速い動物ランキング

足の速い動物
動物はたくさんいますが、果たして日本で一番早い動物は何でしょうか?
意外と気になるランキングの発表です。当然人間も含まれています。



【日本の動物の速さくらべ】
条件1…対象は、日本の自然動物と飼育動物、および、ヒト。但し、中世以降の輸入動物・帰化動物は除く。
条件2…100m程度の短距離走で最も速くゴールできる(おおざっぱな理論上の)能力値を競う。
但し、加速性能などは計算に入っていない場合が多い。

≪1位≫
・ノウサギ…時速約72km。別資料では時速約70.02km、あるいは、時速約73km。
≪2位≫
・ウマ(競走馬サラブレッド)
 …時速約69km(69.3km.無騎乗・中長距離疾走時の平均速度)ウマは、500mを超える辺りからの中長距離になると抜きん出て速いと思います。
≪3位≫
・イヌ(競技犬グレイハウンド)…時速約67km。

・オオカミ…時速約45~58km。
・ロバ…時速約56km。モウコロバの記録か。
・ヒグマ…時速約50km。
・キツネ…時速約48km。
・ネコ…時速約48km。逃走時に計測したとか。
・イノシシ…時速約45km。
・ヒト…時速約36km(100mを10秒弱で疾走の場合)。別資料によると、短距離選手の瞬間最高速度は時速約44km。

ヒトは、短距離走部門では全く振るいませんが、持久力ナンバー1なので長距離走部門ではダントツの優勝候補です。日本を世界に変えても同じ。距離が延びれば延びるほどヒトの独壇場になるでしょう。
・ブタ …時速約17km。
・ネズミ …時速約10km。
・モグラ …時速約4km。


短距離走部門では、ノウサギが一番速いんじゃないかと予想できます。
でも、計測の仕方が動物によってまちまちですから、考え方によってはイヌが1位でウマが2位、3位がノウサギに、また別の見方をすればイヌが1位でノウサギが2位、3位がウマ、ということになってこようかと思います。

あるいは、競走馬サラブレッドと競技犬グレイハウンドを外来のものと見なして除外するなら、ノウサギが単独1位ということになりそうです。

それと、レースが中長距離走だったなら、高速での長距離移動に長けたウマが高いポテンシャルを発揮して1位を獲るでしょう。

また、マラソンのように極端な長距離走なら、抜群の持続力を誇るヒトに付いてこられる動物はいないと思います。